本文へスキップ

引越し侍のエアコンサポートセンターで、エアコンの専門業者を探す!

格安引越しNET

引越し侍のエアコンサポートセンターで、エアコン工事の専門業者が今すぐ見つかります!

引越し侍のエアコン サポートセンターなら、全国対応で、探しているエアコン工事の業者が見つかります!

エアコンの取り付け・取り外しは、色々なケースで必要になります。

例えば、こんなケース・・・

  • 引越しの際のエアコンの取り外し・取り付け
  • エアコンの移設(部屋から部屋へ・家から他の家へ)
  • 通販で購入したエアコン(エアコン工事がついていない通販エアコン)
  • 人からもらったエアコンを取り付けたい

というように、いろいろなケースがあります。

そんな時、自分で取付ける、または、地元の電気工事店に依頼する、という方法もあります。

しかし、

エアコンの取り付け、取り外しは、難しい!

エアコンの取り付け・取り外しは、素人では、かなり難しいです!

というのは、特殊な工具が必要だったり、冷媒ガスの回収に知識が必要だったりで、豊富な知識と修理に対するスキルがないと、かなり難しい作業となるからです。

エアコンの取り付けに必要な道具を並べると・・・

エアコン工事に必要な道具

(教えてGoo!から引用すると↓)

トルクレンチ3種・プラグレンチ・メガネレンチ5種。プラスドライバー・電工ナイフ・六角レンチ・ニッパー・ペンチ・チャージンクスケール・フロン回収 機・フロン回収用ボンベ・R410ボンベ・チューブベンダー・フレアリングツール・チューブカッター・ダイヤモンドリーマー・振動ドリル・コアドリル数 種・インパクトドライバ・ゲージマニホールド・真空ポンプ・テスター・壁裏探知機・水平器・ガス漏れテスター・エアコンパル・テスター・脚立数種、各種養 生シート・ハンディクリーナー・ビニールテープ数種・ネジ多数、等々。

初めて聞くような道具名も多くて、自分で工事をするとなると、ある程度、エアコン工事の知識がなければ、やっぱり無理そうです。

特に、真空引き作業には専用道具が必要!

エアコンの工事で、配管接続や電線接続が終了したあと、最後に配管内の空気を抜く真空引きという作業を行う必要があります。

そして、そこまでは、モンキーレンチやドライバーなど、汎用のツールで作業ができても、この真空抜き工事を行うには、専用の真空ポンプが必要です。

なお、以前は、充填されたフロンガスを使って配管内の空気を抜いていました。しかし、この方法だと、ガス不足で冷えが悪くなったり、配管内の空気が充分に抜けていないために故障を起すこともあります。

それじゃ、どうすればよいの?

エアコンを正常に長く使うためには、やっぱり信頼できるプロにお願いするのが、良いみたい!

それじゃ、どこに頼むの?

そんな時、引越し侍の「エアコン サポートセンター」が役に立ちます!

引越し侍の「エアコン サポートセンター」ってどんな会社?

エアコンサポートセンター」は、テレビCMでも有名な「引越し侍」が運営しているサービス会社で、ユーザーの依頼に応じてエアコンの専門業者を紹介するサービスを行っています。

引越し侍の「エアコン サポートセンター」ネット検索サイト

そのため、あなたがエアコン業者を探していたり、費用を知りたいときは、「エアコンサポートセンター」にネットで申し込むだけで、取り付け内容やエアコン工事の時期等に応じて、全国のエアコン業者から最大5社の一括見積りを取ることができます。

そして、その一括見積りから、あなたが希望するエアコン業者を選んで、工事の申し込みをすることで、少しでも安価にエアコン工事を行うことが可能となります。

引越し侍の「エアコン サポートセンター」の料金相場は?

【 エアコンの取り外し工事 の場合 】

引越し侍のエアコン取り外し工事

 

【 エアコンの取り付け工事 の場合 】

引越し侍のエアコン工事料金

 

【 エアコンの移設・引っ越し工事 の場合 】

引越し侍 エアコン移設・引越し工事

※注意1 : 下記の各料金に幅があるのは、工事の地域や内容によって異なるためです。

※注意2 : 上記の料金は、あくまでも基本料金で追加の料金が発生する場合があります。

<追加料金が発生する場合>

例えば、移転後の取付けの際にホースの寸法が足りないとか、老朽化して取り替えが必要という場合には追加料金が必要になります。

また、他にも、エアコンの取り外しや取り付けの際に、室外機の設置場所が地面の上か、ベランにある場合は、基本料金内でやってもらえますが、壁面や屋根等に設置する場合、追加料金が必要になります。

しかし、「エアコンサポートセンター」は、大手の信頼があるうえ、全国でも最高の安値を実現しています。

「エアコンサポーセンター」は、引越し以外(移設・通販で購入等)のエアコンの取り付けや取り外しにも応じていますので、あなたがエアコン工事の業者で困っていたら、まずは「エアコンサポーセンター」で見積もりを取られてはいかがかと思います。

見積もりを取るだけなら無料ですから、安心です。

引越し侍の「エアコンサポートセンター」の利用方法

あなたがエアコン業者を探していたり、費用を知りたいときは、「エアコンサポートセンター」の「無料見積もりフォーム」に必要事項を入力してネットで申し込むだけで、取り付け内容やエアコン工事の時期等に応じて、全国のエアコン業者から最大5社の一括見積りを取ることができます。

「エアコンサポートセンター」を利用する方法は、下記の「エアコンサポートセンターの公式サイト」をクリックすれば、ホームページ(公式サイト)が開きますので、「無料見積もりフォーム」へ必要事項を入力するだけです。


【関連記事】

エアコンの取り外し工事に関して、引越しの追加料金が発生しないために注意すべきこと

引越しを業者に依頼をする際、通常は、見積もり時にエアコンの取り付け・取り外しの工事作業代が基本料金に入っているものです。しかし、工事当日になって部品代などの追加料金が発生することもあります。

ですので、エアコンの移設に関しては、引越し先の状況などもしっかり伝えた上で、どこまでの作業が基本料金に含まれているのか、事前にしっかり確認しておく必要あります。

また、引越しのほとんどを自分で行い、大型の冷蔵庫や洗濯機等だけを引越し業者に依頼するような場合、エアコンの取り外しを忘れていて、急遽、自分で取り外し作業を行うはめになることもあります。

なお、エアコンが古いため、廃棄したい場合もあるでしょう。そんな時、思い切って、古いエアコンを自分で取り外したいと思うことがあるかもしれません。

そこで、自分でエアコンの取り外しを行う際の手順について述べておきます。

自分で、エアコンの取り外し作業を行う際の手順

  • 1)配管を外したときにガスが漏れないよう、室外機にガスを集めて栓をする、ポンプダウン作業を行います。
  • 2)ポンプダウン作業の終了後に、エアコンの室内機を取り外します。
  • 3)室内機の取り外し後に、室外機を取り外します。
  • 4)ガスが噴き出ないよう注意して、配管類を取り外します。
  • 5)配管穴のパテ埋めを行います。

以上のように、エアコンの取り外し作業の大まかな手順は、結局、室外機と室内機を取り外す作業を行うことですが、細かいことを言うと、様々に注意すべき点があります。

なお、素人の方が自分でエアコンの室内機と室外機を取り外す場合の失敗例は、

1)冷媒ガスの回収に失敗する…この場合、そのエアコンを取り付ける際に冷媒ガスの充てんが必要となり、1万円~2万円の修理費用がかかります。

2)室内機が外れない失敗例…室内機は基本的に下端2ヵ所の△印をプッシュしながら本体を軽く手前に引き、少し上に持ち上げれば壁から外れるような仕組みになっていますが、重量があって危険ですし、また機種によってなかなか外れないものもあります。

3)室内機の裏で配管が接続されていて外せない…通常は室内機を持ち上げてナットを外すことになりますが、配管がつながったまま室内機を外すと、非常に大変で、危険です。さらに、配管に無理な力がかかると、配管が折れてしまうおそれもあるため、無理な作業は禁物です。

5)ドレンホースを切ってしまうという失敗例…室内機には30cmくらいのドレンホースがついており、それを途中で切ってしまうと修理の手間や費用かかる場合があります。

以上のように、エアコンの取り外し作業でさえ、やはり要領が必要で、機種によっては専用の道具が必要になる場合もありますので、取り外しの際には、予め、必要な道具を調べて準備しておき、すべての手順を理解してから取り組むべきです。また、室内機は取り外した際に、その重量が一度に作業者の腕にかかってきますので、怪我をしたり、室内機を落としてしまうことがないように十分注意をしましょう。


エアコンサポートセンター 引越し侍 エアコンサポートセンター

エアコンの取付け・取外し工事は「エアコンサポートセンター」で受け付け中!

引越し料金 シュミレーション

【引越し侍】

電話番号も不要でホテルを予約するような便利さで引越し予約可能↓↓↓引越し侍 引越し比較サイト


【スーモ引越し】

電話番号の入力が必須でなく任意!引越し予約がメールで完結↓↓↓SUUMO 引越し比較サイト


引越しの際の買取り
 スピード買取.jp

引越しの不用品を買取り スピード買取

引越しの際に不用品が出たとき、電話一本で自宅まで買取りに来てもらえる「スピード買取」

>>詳細はこちら