本文へスキップ

エアコン工事は、引越し侍の「エアコンサポートセンター」が最安値!

格安引越しNET

トップページ > エアコン工事(エアコンサポートセンター)

エアコン工事(エアコンの取り付け・取り外し・移設)は、「エアコンサポートセンター」が、最安値の業者を探してくれます!

引越しの際に困るのが、エアコンの取り付け・取り外しですね

引越しの他にも、エアコンの移設や「通販で購入したエアコン」の取り付け、取り外し、エアコンのクリーニングなどをしたいとき、どの業者に頼めば良いかわからない…

そんなとき、あなたなら、どうしますか?

エアコンの取り付け 取り外し

エアコンの取り付け、取り外しは、難しい!

例えば、引っ越しの際、他のほとんどの電気製品は、所定の位置に設置してコンセントを入れるだけで完了です。

しかし、エアコンの取り付け、取り外しは、素人では無理です。

というのは、エアコンの取り付け、取り外しをするには、特殊な工具が必要だったり、冷媒ガスの回収に知識が必要だったりで、豊富な知識と修理に対するスキルがないと、かなり難しい作業となるからです。

それじゃ、どうすればよいの?

そんな時、引越し侍の「エアコンサポートセンター」のネットサービスを使えば、エアコンの取り付け・取り外しの安い業者や信頼できる業者を無料で探すことができます。

引越し侍の「エアコンサポートセンター」ってどんな会社?

「エアコンサポートセンター」は、テレビのコマーシャルでも有名な「引越し侍」が運営しているサービス会社で、ユーザーの依頼に応じてエアコンの専門業者を紹介するサービスを行っています。


エアコンサポートセンターの概要

  • エアコン工事料金(工賃)の料金相場
  • ・取り付け(設置) 中古6,500円~ 新品13,000円~
  • ・取り外し    7,000円~
  • ・移設工事(取り外し・取り付けのセット) 8,250円~
  • 対応エリア : 全国47都道府県対応
  • 運営会社 : 株式会社エイチーム
  • 電話番号 : 0120-929-381

引越し侍の「エアコンサポートセンター」の利用方法

あなたがエアコン業者を探していたり、費用を知りたいときは、「エアコンサポートセンター」の「無料見積もりフォーム」に必要事項を入力してネットで申し込むだけで、取り付け内容やエアコン工事の時期等に応じて、全国のエアコン業者から最大5社の一括見積りを取ることができます。

「エアコンサポートセンター」を利用する方法は、下記の「エアコンサポートセンターの公式サイト」をクリックすれば、ホームページ(公式サイト)が開きますので、「無料見積もりフォーム」へ必要事項を入力するだけです。

▼簡単に入力できる!無料見積もりフォーム(見本)▼

エアコンサポートエンターの申し込みフォーム

エアコンサポートセンター「無料見積もりフォーム」への入力は簡単にできます!

上記の「無料見積もりフォーム(見本)」を見れば分かるように、
入力が必須となっているのは、工事内容(取付けか、取り外しか、中古か、新品か、その台数)と、あなたのお名前と、電話番号と、住所だけですから、迷うことなく入力ができます。

なお、「無料見積もりフォーム」には、工事希望日や連絡希望時間等の入力欄が「任意」となっていますが、わかる限り入力しておきましょう!

エアコンの取り付け費用・取り外し料金の安い業者を探すには?

上記のように「エアコンサポートセンター」の「無料見積もりフォーム」に入力すると、専任のコールスタッフが、最大5社の料金を比較し、その中から1番安いエアコン工事業者が紹介されます。そして、あなたがその料金等に納得すれば、約束した日に、エアコン工事業者があなたの家にお伺いする、という流れになります。

この方法で、少しでも安価にエアコン工事を行うことが可能となります。

引越し侍の「エアコンサポートセンター」の料金相場は?

「エアコンサポートセンター」の料金は、下記のとおりです。おおよそ、この料金の範囲内で、各業者の一括見積もりの料金も変動しますので、予算に合わせて業者を選ぶことができます。

【 エアコンの取り外し工事 の場合 】

引っ越し侍のエアコン取り外し工事 料金

 

【 エアコンの取り付け工事 の場合 】

エアコンの取り付け工事料金と方法

 

【 エアコンの移設・引っ越し工事 の場合 】

エアコン移設・引越し工事

※注意1:下記の各料金に幅があるのは、工事の地域や内容によって異なるためです。

※注意2:上記の料金は、あくまでも基本料金で追加の料金が発生する場合があります。

例えば、移転後の取付けの際にホースの寸法が足りないとか、老朽化して取り替えが必要という場合には追加料金が必要になります。

※また、エアコンの取り外しや取り付けの際に、室外機の設置場所が地面の上か、ベランにある場合は、基本料金に含まれていますが、壁面や屋根等に設置する場合、追加料金が必要になります。

しかし、とにかく「エアコンサポートセンター」は、大手の信頼があるうえ、全国でも最安値を実現しています。

エアコンの取り付け費用・取り外し費用の安い業者はどこ?

引越し侍の「エアコンサポートセンター」を利用すれば、なるべく低価格の料金で請け負ってくれる業者さんを探すことができます。

「エアコンサポーセンター」は、引越し以外(移設・通販で購入等)のエアコンの取り付けや取り外しにも応じていますので、あなたがエアコン工事の業者で困っていたら、まずは「エアコンサポーセンター」で見積もりを取られてはいかがかと思います。

見積もりを取るだけなら無料ですから、安心です。

エアコンサポートセンター

エアコンの取付け工事を安価・スムーズに行うための準備

エアコンの取り付けに必要な費用は、各業者で異なるのが実情です。

ですので、エアコン業者に工事を依頼する際には、業者が街の小さな電気屋さんであっても、予め見積もりを出してもらい、こちらで了解してから工事に取りかかってもらうことが大切です。

しかし、そのように工事の前に見積もりを出してもらっても追加料金が発生し、それがトラブルのもとになることがあります。

その最大の原因が、実際にエアコンの取り付け現場を見たとき、エアコン専用のコンセントがなかったり、建物に配管用の穴が開いていなかったり、ホースの長さが足りなかったりで、どうしても追加の材料や追加の工事が必要になる場合です。

ですので、そのような追加の費用を取られないためにも、エアコンを取り付ける際にチェックをしておきたいポイントがこれです↓

エアコンの取り付け工事のためのチェック事項

まず、

ブレーカーの電気容量は、30A以上ですか?

一般家庭でエアコンを快適に使ってもらうには30A以上の電気容量が必要となります。家の分電盤のアンペアブレーカーの色と数字で確認ができますので、確認しておきましょう。

なお、契約電流が20A以下の場合は、エアコンを快適に運転するのが難しくなるため、各電力会社に30A以上の電流に契約変更する必要があります。

エアコン専用のコンセントが有るか、無いか?

まず、エアコンを取り付けるためには、エアコン専用のコンセントが必要となります。そのようなエアコン専用のコンセントは、部屋の壁の高いところに設置されています。

エアコン専用コンセントがない場合は、取り付け工事に追加費用が発生します。(エアコン専用コンセントの増設は、たいていオプションになっています)

エアコン専用のコンセントの形状

また、エアコン専用のコンセントがあっても、形状や電圧が違う場合は、購入したエアコンに合わせたコンセント形状や、電圧変更の配線組み換えが必要となります。

▼エアコンのプラグ形状とコンセント形状の対応外観図▼

エアコンの設置場所の確認。エアコンをそこに付けられますか?

エアコンを取り付けるには、スペースが必要です。エアコンを取り付けたい周辺に家具や突起物等がある場合、エアコンの取り付けができません。エアコンの寸法を調べておいて、実際にメジャー等で計ってスペースを確保しましょう。

チェックポイントは、特に、カーテンレールの有無、壁から突出した梁の有無、窓枠の有無、背の高いタンスの有無、出入り口のドアが開閉時に当たらないかどうか等です。

吹き出し口前の障害物確認

エアコンの風が妨げられるような個所に取り付ける場合、エアコンの効き具合にも影響しますので、エアコンの吹き出し口や、エアコンを取り付ける個所の下方に物を置くことが無いようにしましょう。

室外機の設置場所

室外機の設置場所が、追加料金に一番影響することになります。

室外機をマンションのベランダや家屋の軒下等に設置する通常の設置状況なら問題はありませんが、そのような場所に置けない場合、次のような設置方法があります。

  •  屋根の上に置く。
  •  軒の下面につるす。
  •  壁面に取り付ける。
  •  室外機を上下2段に重ねて設置する。

 このような標準取り付け工事ではない場合、追加料金が必要になります。

また、直射日光が当たる場所に室外機を設置すると、エアコンの冷却効率に影響するため、直射日光が当たらない場所に設置するのが好ましいとされています。

なお、南向きの軒下など、一日中直射日光が当たるような場所に室外機を置く場合、その室外機にカバーをかけるなどの工夫をするとよいでしょう。

また、室外機は壁にぺったりくっつけることができませんので、背面は壁から10cm以上の隙間を開ける余裕が必要になります。

建物にエアコン取り付け用の配管穴はありますか?

エアコンの室内機に溜まる水を排出するホースなどを通すため、壁にエアコンのホース用の穴(配管穴)が必要です。

マンションなどの場合、壁面に既設の穴があけられていることが多いのですが、この穴がない場合、建物の躯体に穴をあけることになりますので、許可が必要になります。また、建物の構造上の理由で、穴をあけられない場合もありますので、事前に確認しましょう。

いずれにしても、特殊な場所に室外機を設置したり、新たに穴をあける場合、工事費が別途必要になります。

以上、エアコンの設置は建物の構造とも関係するため、普通の電化製品のようには簡単に設置できない場合があります。

それだけに、良心的な業者に依頼をして、トラブルの起きないようにしたいものですね。


ところで!

あなたのお家のエアコンから、いやな臭いが出ていませんか?

エアコンから吐き出される匂いが カビ臭いのは、エアコンにカビが発生しているからです。そうなると、エアコンはそのカビを部屋中にまき散らし、抵抗力の弱い赤ちゃんや子供のアレルギーの原因になったりします。

また、抵抗力の弱くなったお年寄りにも悪影響を及ぼします。私の知り合いの老人で、いつも変な咳が出るので病院に行くと、肺にカビが生えて入院をした方がいます。通称「カビ肺炎(夏型過敏性肺炎)」と言うらしいのですが・・・

クリーニングが必要なエアコン

ですので、エアコンから カビ臭い匂いが発生している場合、クリーニングが必要です。なお、エアコンのカビは、外部から水洗いしただけでは落ちません。分解して部品の隅々まで洗い落とす必要があります。

引っ越し侍のエアコンクリーニング

なお、エアコンの移設工事の場合、配管や冷媒ガス等の交換、補充などが必要になると、それらの料金は加算されます。当然ですが、念のために。

引越し侍の「エアコンサポートセンター」のメリットは?

上記の一覧ではちょっと見にくいですが、(詳細は、「引越し侍のエアコンサポート」のサイトでお確かめください。他のメリットも、わかりやすく説明されています。)

とにかく、「エアコンサポートセンターのメリット」は、工事費が安い!これが最大のメリットです。

だからこそ、平成25年8月で、利用件数が25万件を突破したのも納得です。

引越し時は何かと出費がかさみますから、なんとか工夫して、エアコンの移設工事の費用ぐらいは安く押さえたいですね。

引越し侍のエアコンサポートのサイトには、エアコンの日常の清掃方法や、移設工事を安くする工夫がたくさん掲載されています。興味のある方はどうぞご覧下さい。

エアコンサポートセンターのページが開くと、上方に並んでいるメニューの「エアコンクリーニング」をクリックしてください。

エアコンサポートセンターのエアコンクリーニング

【関連記事】

本当に格安の引越し業者を簡単に探す方法があります!

本当に格安の引越し業者を 簡単に見つけられる方法を、知りたいと思いませんか?

それは、今までの「一括見積もりサービス」とは違います。

今までの、引越し侍等の「一括見積もりサービス」は、申し込んだ後、数多くの引越し業者から電話が殺到するという欠点がありました。

このサービスなら、複数の引越し会社と交渉せずに、まずネットで、自分の条件に合った引越し業者の料金相場を知った上で、気に入った業者があれば、すぐに予約もできます。

個人情報を開示するのは、予約先の業者だけですので、電話が殺到することもありません。

興味のある方は、こちらのページに詳しく説明しましたので、参考にしてください。

  >> 電話が殺到しない「引越し比較サイト」

 

【関連記事】

引越しでエアコンを移設する移設工事の費用相場は?

引越しでエアコンを移設する際の標準工事費用の目安となる費用相場を知っていれば、引越しの際の役にたちます。

そこで、移設工事の費用相場はというと、 8,000円~22,000円

この移設工事の費用相場には、料金い2倍以上も開きがあります。

それには理由があり、工事業者によって、料金の設定方法が異なるからです。

エアコン工事における2つの料金設定方法

1)取り付け工事取り外し工事の金額を合計した金額にしている工事業者と、2)取り付け工事と取り外し工事をパックにして、両工事費用の合算値より安い料金設定にしている工事業者とがあるためです。

引越しの際の移設工事に払う費用の注意点

引越しの際に必要となるエアコン移設工事は、引越し元の家屋からエアコン設備を取り外す取り外し工事と、引越し先のエアコン設備の取り付け工事とを合計した金額、または両者を合わせたパック料金を払えば、それで済むわけにいきません。

というのは、引越しの際のエアコン移設工事には、取り外したエアコン設備(室内機と室外機とその他パイプ管等)を引越し先の新居に移送するための運搬費用が必要になるからです。

エアコン設備の運搬をどうするか予め引越し業者と相談しておきましょう!

この運搬料金を最低限に抑えるためには、取り外したエアコンを新居まで自分で運ばなければなりません。引越し先が遠方だから、そんなことはできません、という場合、エアコンの工事業者に運搬を依頼することもできますが、その運搬費用は追加料金となります。この点に注意しないと、思わぬ出費が必要になってしまいます。

なお、このような不都合を避けるため、引越しの際に家具と一緒に運搬すればよいでしょう!という考えも出ますが、引越しの当日、エアコンを取り外したりする作業をどうするかで、問題になります。

一般に、運送業者の作業員にエアコン設備を取り外す技術はないため、気軽に「エアコン関係も運んで下さい。お願いします」では通用しません。

こんな時のために、エアコン設備の移設と運搬をどうするか、予め引越し業者と相談しておきましょう!


 

引越し比較サイト


【引越し侍】

電話番号も不要でホテルを予約するような便利さで引越し予約可能↓↓↓引越し侍 引越し比較サイト


【SUUMO引越し】

電話番号の入力が必須でなく任意!引越し予約がメールで完結↓↓↓SUUMO 引越し比較サイト


エアコンサポートセンター 引越し侍 エアコンサポートセンター

エアコンの取付け・取外し工事は「エアコンサポートセンター」で受け付け中!

引越しの際の買取り
 スピード買取.jp

引越しの不用品を買取り スピード買取

引越しの際に不用品が出たとき、電話一本で自宅まで買取りに来てもらえる「スピード買取」>>詳細はこちら