本文へスキップ

二人暮らしの引越し 引越し業者の選び方

格安引越しNET

知っておきたい二人暮らしの引越しのコツと、安価に引越しする方法

二人暮らしの引越し・相場

二人暮らしで引越しをする場合、料金相場はいくらになるの?

引っ越しを決めたとき、まず、心配になるのが、どの業者(引越会社)に頼めばよいか、どのくらいの値段で引越しできるか、といった疑問だと思います。

そして、できれば引っ越し料金を安くおさえて、新居での家具や電化製品の購入費に回したいと、(よほどの金持ちでもない限り)誰もがそう思うことでしょう。

引越し料金の見積もりを出す際の注意点とは?

  • 引越し料金は、基本的には、
  • ●トラックのトン数や移動距離と荷物の量で決まる「基礎運賃」と、
  • ●人件費や梱包資材に要する費用等の「実費」、
  • ●エアコンの取り外しや取り付け、不用品の処分などに要する「オプション料金」
  • で決まります。

ネットでは、いろいろな見積もりサービスがあって、そのほとんどは、引っ越し先の部屋の規模(2LDKとか)が問われたり、家族人数が問われたりします。

しかし、そんなことは大した引越し料金の要因にはならず、
実質的には、荷物の量家具の大きさ移動距離が費用を決定する要因となります。また、それによってトラックのトン数や作業員の人数も決まってしまいます。

2人家族の引越し料金

2人家族の引越し料金

引越しの時期に関係する引越し費用

引越しの時期に関係する引越し費用

2人家族の引越し料金を安くするコツ

引越し業者の料金を抑える際のコツについて説明します。

1)一括見積もりで引越し業者の料金を比較する

引越し料金は、引越し業者ごとに料金が異なるため、安い料金で引越すためには、最安値の料金で請け負ってくれる引越し業者を見つける必要があります。

そんな引越し業者を探すのに、おすすめの引越し比較サイトは、本サイトでおすすめしている引越し侍の「引越しネット予約サービス」です。

この「引越しネット予約サービス」を使用すれば、ネットでホテルの予約をするような便利さで、安価な引越し会社を探し、気に入った業者に予約をすることまで可能になります。

ご参考に >> 引越し侍 比較サイト引越し侍「引越しネット予約サービス」

※ 上記の「引越しネット予約サービス」は、こちらの引越し条件を色々と変えることによって、引越し料金がどのように変化するのか、というシミュレーション的な使用もできます。気楽にためしてみましょう!

2)「単身パック」を利用して引越しする

「単身パック」とは、一人暮らしの方や少量の荷物の引越しのため、コンテナボックスに荷物を積み込んで輸送する格安のサービスです。

この「単身パック」は、主に単身者向けのサービスですが、2人以上の引越しにも利用することができます。

例として、クロネコヤマトと日通の単身パックの料金は以下の通りです。

業者名 パック名 料金
日通 単身パックS 15,000円~
単身パックL 16,000円~
クロネコヤマト 単身引越サービスパックmini 同一市内
関東:16,000円
その他エリア:13,000円
単身引越サービスパック 同一市内
関東:17,000円
その他エリア:14,000円

※上記に掲載している金額は、コンテナボックス1つ分の料金です。

単身パックを利用すると、引越し費用をかなり抑えることができることがあります。ただし、単身パックの場合、コンテナボックスに積み込める荷物の量や大きさに限定されるため、注意が必要です。

3)引越し料金の安い時期や日時を選ぶ

引越し料金は時期によって上下動するほか、引越しの曜日や時間帯によっても安くなります。その理由は、依頼が少ない曜日や時間帯は、引越し業者の業務が空いているからで、そのため安い料金で請け負うことができるからです。

なお、引越しの依頼が多い繁忙期は3月又は4月とされているため、この時期は引越しの依頼を避けるべきです。

引越しの繁忙期

引越しの料金が安くなる日時は、平日(土日、祝祭日以外)と午後です。

基本的に引越しの依頼は、土日に依頼が集中するため、引越し業者に依頼の空いている土日祭日以外の平日であれば、料金が安くなる可能性が高くなります。

また、同様の理由で、午前からの引越し希望者が多いため、午前指定の料金は高くなる傾向にあります。

このため、午後からの引越し、または作業時間を指定しない「フリー便」を利用することで、費用を抑えることができます。

4)引越しする荷物を少なくして料金を抑える

輸送する荷物の量を減らすと、業者の人件費が減ったり、トラックがサイズダウンしたりして料金が安くなります。
引越しに際して、なるべく不要品を処分しておくのがおすすめです。
今使用している家具や家電など、粗大ごみを処分する場合は日数がかかる場合もあるため、計画的に処分を進めるようにしましょう。

<参考>引越しの不用品・粗大ゴミを処分する6つの方法
  • リサイクルショップに不用品を売る
  • オークションサイトで不用品を売る
  • 不用品を使ってくれる友人にゆずる
  • 自治体の粗大ゴミ回収サービスを利用する
  • 引越し会社に不用品の回収を依頼する
  • 不用品回収業者に依頼する

引っ越し料金の見積もりを出す際に、本当に大切なことは?

ですので、おおざっぱに、部屋の規模や移動距離、家族の人数等で費用相場を出しても、実際の見積額とは大きく異なることがあります。

このような違いを出さないようにする方法は、家具や荷物の数量や大きさなどを基準にして、具体的に費用見積もりを出すことです。

もちろん、引越会社と交渉をして、できるだけ安くしてもらうことも大切ですが、まず前提とすべきことは、料金の高い引越会社でいくら交渉をしても、安価で優良な引越会社の料金ほどに安くはならないということです。

それでは、どうやって引越会社の費用を具体的に調べればよいのでしょうか?

これが肝心なところですが、数ある引越会社のネットサービスの中で、私自身が使って、これは分かりやすい見積もりサービスだと感じたのが、引越し侍の「引越しネット予約サービス」です。

なお、引越し侍は、引越会社ではなく、引越会社をネットで紹介してくれるサービス会社です。

引越し侍の名前は、テレビやラジオのCMで知っているかもしれませんが、この会社が開発した「引越しネット予約サービス(いますぐネットで料金比較)」は、私が実際に使ってみた結果、今までの他社のシステムより、はるかに良くできたものでした。

引越し料金の超おすすめ調べ方

引越し侍の「引越しネット予約サービス(いますぐネットで料金比較)」は、1回使うと非常によくできたシステムだと感心します!

私はこの「引越しネット予約サービス」を何度も模擬テストしてみました。荷物量や引越し先の住所等をいろいろと変えて・・・

その結果、例えば、二人暮らしの平均的な家具と荷物量で、東京の中野区から埼玉の入間市(距離で44km)までの引越しを想定して模擬テストすると、同じ条件なのに、最安値の引越会社と最高値の引越会社では、なんと11.4万円の差が出ました。

これだけのお金があれば、引越し先で、型落ちの電化製品なら、32インチのテレビと3ドアの冷蔵庫が買えます。

その優れたネットサービス「引越しネット予約サービス」については、こちらの記事をぜひご覧ください。


引越し侍の「引越しネット予約サービス」は、最短1分(慣れないと、3分ほどかかるかもしれません)で必要事項(引越し元、引越し先、各種の家具の数量、必要な段ボールの数等)を画面に従って入力すると、10社ほどの引越し会社の見積もり料金や、実際の使用者の口コミや、会社のサービス情報が、すぐにわかります。

その情報を比較することで、最安値の引越会社を一目で知ることができ、お気に入りの引越会社があれば、すぐに予約をすることも可能になります。

気に入らなければ、予約をする必要はありませんし、情報を収集するだけでも可能です。

この「引越しネット予約サービス」は、自分の名前や電話番号を記入することなくシミュレーションができるため、気軽に何度も、引越し条件を変えて試してみましょう。

私が、「引越しネット予約サービス」を使って引越しのシミュレーションをした方法と結果はこちらのページで詳しく説明してありますので、ご覧ください。

>>私がやってみた「引越しネット予約サービス」で料金比較

なお、テストは、東京都中野区から埼玉県入間市のジョンソンタウンへ45Kmの引越し。ジョンソンタウンは、米軍ハウスの跡地を利用した、まるでアメリカみたいなかっこいい街です。

ジョンソンタウン


【関連記事】

「引越しの立ち寄りプラン」という便利な引越しプランのご紹介

引越しの立ち寄りプランとは

「立ち寄りプラン(2箇所積み)」とは、2箇所から荷物を積み込んだり、2箇所へ荷物を降ろしたりすることができるプランのことです。

そのため、結婚をして新居に住む場合や、同棲をするために引越しをする場合、実家に置いてある家具を一緒に引越し先へ持っていきたい場合などに便利です。
他にも、子どもの独立と家の立て替えを同時に行うときや、大型の家具・家電を友人に譲りたいときにも活用できます。

「立ち寄りプラン」のメリット

「立ち寄りプラン」のメリットは引越し料金を節約できることです

2つの場所にある荷物を運ぶ場合、それぞれの場所で引越し業者に依頼する必要があります。そのため、2回分の引越し料金が発生します。
しかし、立ち寄りプランを利用すれば、別々のスタッフとトラックを手配する必要がないため、料金を節約でき、繁忙期にも引越しをしやすい、というメリットがあります。

立ち寄りプランはこんな方におすすめ

立ち寄りプランは、下記のような方におすすめです。

  • 結婚や同棲のため、別々の場所から新居へ引越しをする希望する方
  • 実家に置いてある家具を、一緒に引越し先へ持っていきたい方
  • 利用しているトランクルームの荷物を、一緒に引越し先へ持っていきたい方
  • 引越し先へ向かう途中、荷物の一部をトランクルームに置いていきたい方

「立ち寄りプラン」は、どの引越し業者が対応してくれるのか?

「立ち寄りプラン」は、基本的にはどの引越し業者も対応してくれます。ただし、引越し時期や荷物の量などにも関係しますので、詳細を知るには、見積もりの際に引越し業者に確認してみましょう。

立ち寄りプランを利用する際の注意点

便利な立ち寄りプランですが、利用する際は次の点に注意しましょう。

  • 荷物の総量はトラック1台分に収まるようにする
  • 立ち寄り場所は事前に引越し業者へ伝えておく
  • 荷物を途中で降ろす場合はスムーズに作業できる配慮をする

多くの引越し業者では、立ち寄りプランを利用するとき、トラック1台分のみしか運んでもらえません。また、立ち寄り場所が離れている場合は追加料金が発生する、または受け付けてもらえない場合もあります。

従って、「立ち寄りプラン」を利用するには、荷物の量と立ち寄り場所を引越し業者に正確に伝えておく必要があります。

また、トラブルを防ぐために、訪問見積りをしてもらい、実際に荷物を見せておくことをおすすめします。


エアコンサポートセンター 引越し侍 エアコンサポートセンター

エアコンの取付け・取外し工事・クリーニングは「エアコンサポートセンター」で受け付け中!


【 引越し侍 】

電話番号も不要でホテルを予約するような便利さで引越し予約可能。個人情報を入力することなく、シミュレーションもできます↓↓↓

引越し侍 引越し比較サイト


【 引越し価格ガイド 】

「一括見積もりサービス」を利用することで、見積もり依頼と同時に、料金相場も、最安値もわかります↓↓↓

引越し価格ガイド


【 引越し達人セレクト 】

最短30秒のかんたん入力で厳選したおすすめ業者が表示されます。特典も充実↓↓ ↓

引越し達人セレクト


【SUUMO引越し】

電話番号の入力が必須でなく任意です!引越し予約がメールでできます↓↓↓

SUUMO 引越し比較サイト


【 ライフル引越し 】

(旧ホームズ引越し)
引越し料金のシミュレーションをして費用を調べてから1社に絞って見積もり依頼が可能↓↓

ライフル引越し(Lifull引越し)


【 ズバット引越し 】

日本最大級220社以上の引越し業者と提携。最大10社にまとめて一括で見積もりを取ることが可能↓↓↓

ズバット引越し比較


引越しの際の買取り
 スピード買取.jp

引越しの不用品を買取り スピード買取

引越しの際に不用品が出たとき、電話一本で自宅まで買取りに来てもらえる「スピード買取」

>>詳細はこちら